• 商品案内
  • 卒業式 きもの・袴
  • 購入・レンタル特典
  • お客様の声
  • カタログ請求
  • 華かれん レンタル
てくてく姫路ガイド
 
トップページ»  うめおか豆知識»  着付け教室について

うめおか豆知識

【参加されるお客様】
 

当店の着付け教室に参加される方は40代以上の方が多いですが、20代くらいの若い方々も多くいらっしゃいます。成人式にご自分で着たいという事で習われて、本当にご自分で着付けをされて行かれた方もいらっしゃいます。
年配の方ですと、昔は自分で着ていたものの忘れてしまったので習い直したい、という方もいらっしゃいます。一度覚えた事というのはまたすぐに思い出せるものですので、そういった方は本当にすぐに出来るようになります。しかし一番良いのは、忘れない程度にこまめにご自身で着ていただくことですね。

【コース別の丁寧な指導】
 

着付けコースには、「初級」「中級」「上級」「指導者」のコースがございます。
初級コースを受講されれば、基本的な着付けはマスターすることができます。
初級では着物のたたみ方から始まり、ご自身が着られる場合の着付けを覚えていただけます。帯も基本的な二重太鼓という結び方です。たたみ方もとても大切な知識です。ご自分で着付けて、着終わったらたたんで片付けることができれば、着物はとても身近な衣類になります。

中級になると、主に帯の結び方を学べるようになっており、様々な変わり結びの方法をお教えしています。いろいろな結び方ができると、1枚の着物、1本の帯でも楽しみ方が広がってきますよ。

さらに上級以上になりますと、ご自分以外の方への着付けの仕方を学ぶことができます。
やはり他の方に着付けをする場合でも、ご自身が着物を着られるかそうでないかというところで大きな違いが出てきます。ご自身がよく着ているならば、着崩れないコツやポイントを抑えて着付けをすることができますので、他装の基本はまずはご自身の着付けができることになります。

一番参加者の多いコースはやはり初級です。ご自身が楽しまれるために学ばれる方がほとんどですが、着物をご自身で何度も着ていくうちに、もう少しいろいろな帯結びができるようになりたい、他の人の着付けもしてあげたい、と思われて、またクラスを受けに戻る方もいらっしゃいます。

【自分のペースで学べるシステム】
 

当店の初級コースは全7回で、基本的には週1回のペースで通っていただきます。
もしお休みされた場合は、違う日に振替受講できるようにしております。ただ、あまり間隔が空いてしまうと身につきにくい、ということはございます。そのうえでもどうしても難しければ、隔週1回くらいで来ていただいても構いません。しかし半年に1回くらいの受講ですと、やはり身につかないかもしれません。

【少人数制でしっかり身につく】
 

1クラスの人数は基本的に10名以下としています。その時々で人数の集まり具合は違いますので、少数のときもあれば大勢のときもあります。しかし10名を超えると先生の目が届きにくくなってしまいますので、うめおかでは1クラス10名以下としております。