• 商品案内
  • 卒業式 きもの・袴
  • 購入・レンタル特典
  • お客様の声
  • カタログ請求
  • 華かれん レンタル
てくてく姫路ガイド
 
トップページ»  うめおか豆知識»  結婚式で振袖を着用される際の注意点

うめおか豆知識

結婚式で振袖を着用される際の注意点
着物 先に申しました通り、振袖は未婚女性の正装となりますので、結婚式での着用は何も問題ありません。ただ、いくつか注意点がございますので紹介させていただきたいと思います。
 
成人式と結婚式では、お色味や柄について変える必要はございません。華やかなものは目立ちすぎるので変えたほうが良いとか、そのようなこともございません。
ただ1点、花嫁さまがお色直しで着物をお召しになる場合があります。その際には、そちらと色味や柄がかぶってしまっては花嫁さまに嫌な思いをさせてしまうことがございますので、避けられた方が無難です。身内でない方で振袖をお召しになる場合は、1度ご確認されると良いかもしれません。
 
レンタルはその時その時の好みに合わせて選べるのがメリットですので、「二十歳の頃と比べて年齢を重ねたのでもう少し落ち着いた古典の柄が良い」というようにその時に応じてお選びくださいませ。先に記載した事項のみ避けるようにして、ご自由にお好みに合わせてお選びになると良いと思います。
 
また、結婚式の際は、成人式のように、ショールを付けるといったようなことはございません。洋服でいうところもコートのようなものですから、寒い中外を歩く際にショールをつけるのは全く問題ありませんが、会場に着いたら外すようにしましょう。