• 商品案内
  • 卒業式 きもの・袴
  • 購入・レンタル特典
  • お客様の声
  • カタログ請求
  • 華かれん レンタル
てくてく姫路ガイド
 
トップページ»  着物のお手入れ

着物のお手入れ・業者に任せる場合

仕立て直し

仕立直し・裏地取替え等、メンテナンスをすれば、何世代にも着続けることができます。

洗い張り

お母様やおばあ様のお着物で、だいぶ全体が汚れていますと言う時は全部ほどいて、きれいに洗い、又新しく仕立てると、縫い糸が新しくなって又、永く愛用できます。布に余裕があれば、サイズも自分に合わせ、直せます。

しみ抜き

汚れが付いた所を、しみぬきします。しみになってからの時間が短いほど良く落ちます。又ご自分で触らないほうがよりきれいに治る場合も多いと言えます。

着物の丸洗い(京洗い)

ほどかずに丸洗いという方法。着物のプロが丁寧に洗うので品質も安心。しつけ糸もかかって見違えるようになります。

染め替え

一旦色抜きし、ご自分のお気に入りの色に染め替えます。全く新しいイメージに再生されます。

元柄生かし・彩色直し

柄の中のしみや、かび等を隠し、派手な柄を地味に、地味な柄を派手に彩色し直します。イメージチェンジされ、又次世代に譲れます。

自宅でお手入れする場合

衿・袖口の汚れ

お手入れ 襟汚れ襟垢落としなどをガーゼに沁ませ(けっしてボトボトにならないように!)きれいなタオルの上に衿や袖口を置き、ガーゼで“とんとん”叩いて汚れを下のタオルに移します。決して「こすらない」・・・・根良く叩く。汚れ落しの液体は、少なめに使います。 多いと輪沁みになります。このあと、蔭干ししてベンジンなど液を飛ばし、乾かしてから片付けてください。 (襟垢汚れ落し:リグロインなどの名前で薬局で売っています)

食べ物・飲み物の汚れ

お手入れ しみ汚れ水性のものは、とりあえず、固く絞ったきれいな布で軽く押さえる。「沁み」は原則的にプロに任すのがベスト! (油性の汚れは触らないでプロに任せたほうがいいです。)

しわ・着くせ

お手入れ しわ取りご自分でなさる場合は必ず当て布をして、、アイロンを浮かし、蒸気のみを様子を見ながら掛けていくように。生地1枚々々微妙に生地特質が異なります。クリーニング屋さんに仕上げのアイロンのみ頼むのも一つのやり方です。

半襟の汚れ

お手入れ 半襟汚れ衿汚れを軽くブラシで撫でてから洗う。決して揉まずに!おしゃれ着洗いの洗剤で押し洗い。絞らず叩いて平たく伸ばし干す。

足袋の汚れ

お手入れ 足袋汚れ足袋の裏底の境目は歯ブラシなどの古いもので、予め汚れを落とすと良い。余り絞らず、形を整え、こはぜの受けの方をつるして干す。